「二次電池」

二次電池一覧

  • 対象件数72
  • 表示件数:
  • NEC Avio 赤外線サーモグラフィ装置 Thermo Shot F30 Series

    従来製品のイメージを一新したポケットサイズの国産最小・最軽量・低価格な赤外線サーモグラフィカメラ。 初心者にも優しいかんたん操作で1.3m以上はピント合わせが不要。 また、可視画像カメラを内蔵し、サーモ画像と可視画像をワンシャッターで取得可能で、被写体の比較作業が容易に行えます。 オレンジ、ブルー、ブラック、グレーの4色カラーバリエーション

    (株)浅沼商会

  • 『TSCA規制の改正動向と営業リスクとその対応、今後の留意点』

    ★このセミナーでだけ聴ける最新情報、必須知識を解説予定!! ★米国化学物質規制の体系•違反時の対応、弁護士およびコンサルタントの活用方法•米国版MSDSの読み方と注意点 ★英語でのMSDSの作成方法•米国化学物質規制の基礎•リスク評価や毒性評価の原理 ★•コンプライアンス監査•訴訟対策

    株式会社AndTech

  • 『エポキシ樹脂・硬化物の分析技術の基礎と事例に学ぶトラブル対策』

    ★実際に実施しているエポキシ分析例を中心に解説!! ★樹脂硬化剤の分析法、硬化過程及び硬化物の分析法を1日で理解できます!

    株式会社AndTech

  • 遠隔計測/操作ソリューション MRO

    自社開発製品「MRO」は、オシロスコープ等の計測機器画面を低ネットワーク負荷、マルチ画面で、リアルタイム表示し、機器操作もサポートする世界初の画期的な遠隔計測ソリューションです。 特に、高電圧/大電流、放射線、レーザ、電磁界、化学物質、自然現象などを伴う危険環境での実験、評価、試験などを安全に、効率よく実行できます。

    株式会社メビウス

  • 『超撥水・超親水化技術のメカニズムとコーティング剤による表面改質技術および撥水性評価』

    本講座では、超撥水・超親水化技術のメカニズムから、材料・素材の表面にコーティング加工による改質膜を形成させることでの新規な機能性を付与させる薄膜技術、接触角に関する基本事項と、撥水性の評価における注意点までがしっかり学べます。

    株式会社AndTech

  • 『無料データベース・ツールを活用した特許調査・分析&文献調査・分析テクニック』

    本講座では受講者の皆様にPC演習(データベース演習、Excel・PowerPoint演習など)を通じて、特許情報だけではなく文献情報も含めた調査・分析テクニックを体得していただくことを目的としております。

    株式会社AndTech

  • 『プラスチック製品・フィルムのIR分析の基礎とスペクトルの読み方』

    本講では、分析に最低限必要な基礎原理、スペクトルの読み方のコツ、試料の前処理などの分析テクニックについてお話します。

    株式会社AndTech

  • トヨタ工場見学付『日本のものづくり産業の行方と生活自立立国日本の構築』~自動車・エネルギー産業を中心に~

    この講座は、日本の産業界の将来を先見の目で解析し、国内企業に生き残るための改革の指針を提言するものである。

    株式会社AndTech

  • 『導電性高分子の基礎と重合技術と固体電解コンデンサならびに電子デバイスへの応用展開』

    まず、高機能ポリピロールならびにポリエチレンジオキシチオフェンを実現するための手法についてデータに基づき解説する。次に、それらを用いた固体電解コンデンサの実用化ならびに優れた特長を紹介する。さらに、導電性高分子が今後期待される応用分野についても触れる。

    株式会社AndTech

  • 『基礎から学べるエポキシ樹脂硬化剤Q&A講座』

    前回好評だったため、第2回目の開催が決まりました。 各種エポキシ樹脂硬化剤の基礎から応用までをQ&A形式で学べます。 耐熱性、耐薬品性、対衝撃性など、性能別に細かく理解できます。

    株式会社AndTech

  • 『改正化審法と最新【欧米中】化学物質規制情報、企業対応のポイント』

    本セミナーでは、化審法改正情報をはじめ、海外規制(EU REACH規則 11月30日に最初登録期限、CLP規則の届出が12月、中国REACH法、台湾の既存物質登録が6月)について、必要な情報をご提供する予定です。事前の内容リクエストも受け付けます。

    株式会社AndTech

  • 『グラフェンの機能と応用展望』

    【刊行にあたって】 固体物理における基礎科学的な興味に加えて,その高い移動度は新しい半導体材料としての応用が期待され,さらにグラフェンが示す量子現象を新奇デバイスへ展開する研究も始められ,まさに基礎から応用に至る広範囲な物質科学の領域でグラフェンはホットマテリアルになっている。このような現状に鑑み,現在までの研究成果を理論,物性,デバイス応用の多岐にわたって網羅した本があることは,これからグラフェンの研究に参入する研究者,技術者のみならず,現在グラフェンの研究をおこなっている者にとっても有意義であると考えられる。

    株式会社AndTech

  • 講師派遣

    初めて講演会企画を任された方、主催講演会(社内研修)がマンネリ化してイマイチ盛り上がらないとお悩みの講演企画担当者のために、&Techがお客様のイメージするテーマ・目的・対象・ご予算など伺い、一緒に考えて、選り抜きの“モノ作りの発想”をもった質の高い講師を派遣します。

    株式会社AndTech

  • 『高分子表面・界面分析法の新展開』

    【刊行にあたって】 本書は「高分子表面・界面の評価・解析方法」,「表面・界面研究への提言・機能現象の機構解析」,「高分子の表面改質・設計とトライボロジー」,「バイオとデバイスにおけるナノ界面の解明」および「電子機器分野における高分子の表面・界面」という構成になっている。  本書が読者の皆様の研究や実務に寄与できることを期待しております。

    株式会社AndTech

  • 『非接触電力伝送技術の最前線 』

    【刊行にあたって】 折しもエネルギー問題が耳目を集め,電気自動車の市場投入機運が高まるタイミングからにわかに非接触電力伝送技術に対する関心が高まりをみせてきた感がある。小電力分野においても携帯機器への充電技術として内外の企業が相次いでこの分野に参入し,大きな市場に立ち上がっていく機運が見られる。このような時期に非接触電力伝送技術の原理から応用までを含む本書が発刊されることは時宜を得たものである。諸般の事情ですべての分野について網羅することはできていない点はあるものの,本書がこの分野に関心を持たれる関係諸氏の一助となれば幸いである。

    株式会社AndTech

  • 『国際化時代のポリエステル樹脂総合分析 』

    【刊行にあたって】 本書は官庁,業界団体のデータを徹底的に整理・分析,緻密な業界取材を行い,既存データでは得られなかった情報も数多く収録した。日本の飽和ポリエステル樹脂市場は成熟しているが,アジアの発展が目覚しく,海外情報が豊富なことも本書の大きな特徴である。  飽和ポリエステルに関わる多くの方々のお役に立てると確信している。

    株式会社AndTech

  • 『白金代替カーボンアロイ触媒』

    【刊行にあたって】 白金は産出国が片寄っている上に産出量が少ない。他方,カーボンアロイ触媒は天然物から焼成することができる。本書では現状におけるカーボンアロイ触媒の研究開発について全て網羅している。カーボンアロイ触媒は未だ全貌が明らかになっている訳ではないが,本書が読者のインスピレーションを刺激して新しい発展の一助になることを祈ってる。

    株式会社AndTech

  • リチウムイオン電池の開発と市場 2010

    【開発編】では,構成材料別にその最新の開発動向を掲載している。例えば,正極材料では現在主流のコバルト酸リチウムの代替材料の開発が,負極材料では現在主流の黒鉛の10倍以上の理論容量を持つSi系合金などの開発が精力的に進められており,これら次世代材料の開発動向についても詳述されている。また重要課題の一つである安全化技術,そして,電動車両向け大型リチウムイオン電池の最新の開発動向についても掲載している。執筆は研究開発の最前線で活躍されている専門家の方々にお願いした。  【市場編】では,リチウムイオン電池の生産概況,構成材料別・用途別の市場動向,そしてメーカー動向に関して,独自取材に基づいた最新の情報を掲載している。特に今大きな盛り上がりを見せている電動車両向けや大型蓄電向けの市場動向についてページを大きく割いた。また市場拡大を見込み様々な企業が新規参入し始めているが,その複雑な状況を整理し,分かりやすく解説している。

    株式会社AndTech

  • 『押出コーティング・ラミネーション加工技術とQ&A』 住友重機械モダン(株)工場見学会

    【講演趣旨】 押出コーテイング・ラミネーション技術は、溶融樹脂と基材材料との貼り合わせ技術である。その機械装置はどのように装備されて、どのような作業・加工が行 われているのだろうか。それらの機械構成とそれらから製造される製品を紹介し、具体的問題点を挙げ、その対策をやさしく解説する。また、実際の機械部を見 学することにより、さらに知見を高めて行く。   押出ラミネートをこれから学び、機械の構造をもう少し勉強したい方々、樹脂原料、インキ、接着剤、印刷・ラミ・二次加工現場、工務、生産技術、品質・ 工程管理および包装関連業界の方々に参加いただき、業務のお役に立てれば幸いです。

    株式会社AndTech

  • 『次世代型二次電池材料の開発』

    【刊行にあたって】 本書は,全固体型二次電池,金属‐空気電池など,次世代型と目される電池開発の材料研究の第一線で活躍される方々にご執筆いただき,まとめたものである。この分野に関心を持たれる関係諸氏の一助となれば幸いである。

    株式会社AndTech

カテゴリ内でキーワード検索