「成形/加工/製造」

成形/加工/製造一覧

  • 対象件数98
  • 表示件数:
  • 産業機械 プラント配管 CADサポート

    【設計業務】  産業機械、プラント設備:   計画図/組立図/詳細図/スプール図   構造計算、現場調査、3次元測量 【図面データ化】   手書き図面を2D、3DデータにCAD化。   大量図面も対応可能。 【使用ソフト一覧】   2次元CAD:CADSUPER、AUTOCAD   3次元CAD:ICAD_SX   構造計算:midas  他 【お問い合わせ】 URL:https://www.masaki.co.jp/ TEL:0439-54-6500 設計事業Gr営業課:佐藤

    (株)正木設計

  • 3Dプリンタ Alaris30

    オフィス設置に最適なコンパクト性と高精度で優れたディテール表現力とを兼ね備えたインクジェット方式のRP装置。 デザイン・設計分野に新たな道を創るAlaris30はRPエントリー機として最適です。 滑らかな表面仕上がり  ・積層厚が28μmと精度が高く、表面が滑らかな   造形が可能です。  ・可動モデルなどアセンブリモデルの一体造形が   可能です。 イージーオペレーション  ・プリンター感覚で操作が簡単です。 デスクトップ型コンパクト設計  ・機械本体は825mm(W)×620mm(D)×590mm(H)   とコンパクトサイズなのでオフィス環境で使用   できます 樹脂交換が簡単  ・材料の樹脂はカートリッジ式で手を汚さず簡単に   交換できます    サポート除去が簡単  ・サポート部分の除去も、手などで容易に取り除く   事ができます。 造形サイズ   X294mm x Y196mm x Z150mm

    シャコー株式会社

  • 3Dプリンタ EDEN500V

    ・積層厚が16ミクロンと精度が高く、表面が滑らかな造形が可能です。 ・可動モデルなどアセンブリモデルの一体造形が可能です。 ・プリンター感覚で操作が簡単です。 ・二次硬化処理が不要 ・樹脂交換が容易なカートリッジ方式 ・デュアルジャンボカートリッジで長時間造形可能 ・造形サイズ:X490mmxY390mmxZ200mm

    シャコー株式会社

  • 『超撥水・超親水化技術のメカニズムとコーティング剤による表面改質技術および撥水性評価』

    本講座では、超撥水・超親水化技術のメカニズムから、材料・素材の表面にコーティング加工による改質膜を形成させることでの新規な機能性を付与させる薄膜技術、接触角に関する基本事項と、撥水性の評価における注意点までがしっかり学べます。

    株式会社AndTech

  • 『無料データベース・ツールを活用した特許調査・分析&文献調査・分析テクニック』

    本講座では受講者の皆様にPC演習(データベース演習、Excel・PowerPoint演習など)を通じて、特許情報だけではなく文献情報も含めた調査・分析テクニックを体得していただくことを目的としております。

    株式会社AndTech

  • 『プラスチック製品・フィルムのIR分析の基礎とスペクトルの読み方』

    本講では、分析に最低限必要な基礎原理、スペクトルの読み方のコツ、試料の前処理などの分析テクニックについてお話します。

    株式会社AndTech

  • トヨタ工場見学付『日本のものづくり産業の行方と生活自立立国日本の構築』~自動車・エネルギー産業を中心に~

    この講座は、日本の産業界の将来を先見の目で解析し、国内企業に生き残るための改革の指針を提言するものである。

    株式会社AndTech

  • 『基礎から学べるエポキシ樹脂硬化剤Q&A講座』

    前回好評だったため、第2回目の開催が決まりました。 各種エポキシ樹脂硬化剤の基礎から応用までをQ&A形式で学べます。 耐熱性、耐薬品性、対衝撃性など、性能別に細かく理解できます。

    株式会社AndTech

  • 『改正化審法と最新【欧米中】化学物質規制情報、企業対応のポイント』

    本セミナーでは、化審法改正情報をはじめ、海外規制(EU REACH規則 11月30日に最初登録期限、CLP規則の届出が12月、中国REACH法、台湾の既存物質登録が6月)について、必要な情報をご提供する予定です。事前の内容リクエストも受け付けます。

    株式会社AndTech

  • 『高分子制振材料・応用製品の最新動向 II』

    【刊行にあたって】 1997年に「高分子制振材料・応用製品の最新動向」として出版させて頂いた。(同書は2004年に普及版「高分子制振材料と応用製品」としても発行された)その後,技術的進歩による新しい材料,技術が登場してきている。  こうした背景もあり,また皆様から更新を希望する声も頂いたこともあり,今回,改訂版を出版する運びとなった。本書は内容的には前回とほぼ同じ分類に従って最近の進歩を入れる方針で編集されている。必ずや研究開発,設計技術をはじめ関連分野に携わる皆様のお役に立てるものと確信している。皆様のご活用を心から期待している。

    株式会社AndTech

  • 『バイオプラスチックの素材・技術最前線』

    【刊行にあたって】 バイオプラスチックの最新の動向を概観し(総論),次いで個別素材の実用化動向の詳細を示した(第1編)。  数あるバイオプラスチックの中でも,コストとパフォーマンスにおいてもっとも技術開発が進展し,事業化・実用化が進んでいるのはポリ乳酸である。 2000年代初頭に至り,結晶化速度の飛躍的向上による耐熱性付与や成形加工性の向上,また耐加水分解性の改良による耐久性付与技術の開発などにより汎用プラスチックとしての可能性が見出され,様々な成形加工/製品分野で実用化が始まった。しかしながら,未だ未解決の課題もあり,第2編では主として企業の第一線でご活躍の技術者の方々に,ポリ乳酸の高性能化・高機能化に向けた技術開発の現状を,また第3編ではポリ乳酸の成形加工技術の最新の研究成果をご開示いただいた。各位のご期待に沿えれば幸いである。

    株式会社AndTech

  • 『高分子表面・界面分析法の新展開』

    【刊行にあたって】 本書は「高分子表面・界面の評価・解析方法」,「表面・界面研究への提言・機能現象の機構解析」,「高分子の表面改質・設計とトライボロジー」,「バイオとデバイスにおけるナノ界面の解明」および「電子機器分野における高分子の表面・界面」という構成になっている。  本書が読者の皆様の研究や実務に寄与できることを期待しております。

    株式会社AndTech

  • 『プラスチックハードコート材料の最新技術』

    【刊行にあたって】 表面改質は,基材の表面処理を施すだけでその性能を飛躍的に向上せしめることができるので材料特性の改善上極めて重要である。ハードコートされたプラスチックは,自動車用,OA機器用,眼鏡用等に広汎に使用されており,今日では全てのプラスチック部品がハードコートされていると言っても過言ではない。  本書は7章より構成されており,プラスチックのハードコートに関して基礎から応用まで幅広く言及したものであり,本書によってハードコートの最新技術の全貌を要領良く会得することができると信ずる。進展著しい斯界に本書が些かなりともお役にたてれば幸いである。

    株式会社AndTech

  • 『精密高分子の基礎と実用化技術』

    【刊行にあたって】 材料開発編ではプロジェクトでおこなった実用化技術15チームの材料開発事例を,第1章から第5章までそれぞれの材料開発の背景となる基盤技術グループごとにまとめて紹介した。

    株式会社AndTech

  • 製品紹介イベント支援

    Tech-zoneでは御社の製品紹介イベント(展示会、セミナー、見学会等)をTech-zoneサイト内において掲載(有料:お手頃価格)いたします。  【有料セミナーはお申込み毎に貴社販売価格の 20~30%を販売手数料として頂戴致します】  【無料セミナーは1本にあたり21,000円のみ販売手数料として頂戴致します】 ※オプションのメルマガ広告との連動サービスもご利用いただけます。プロモーション効果が抜群です。

    株式会社AndTech

  • 『2010年 機能性色素の市場』

    【刊行にあたって】 1981年の「機能性色素の化学」以来10冊を超える機能性色素に関わる書籍を発行し好評を博してきた。今回は市場動向,企業動向,開発動向を中心に,前述した太陽電池などの最最先端分野を始め幅広い産業までの市場をまとめた。

    株式会社AndTech

  • 『チタンの基礎・加工と最新応用技術』

    【刊行にあたって】 本書では,チタンおよびチタン合金の応用技術に焦点を当て,極めて広範な分野での最新の応用技術に関して豊富な記述がなされていることから,専門家はもちろんのこと,他分野の研究者や技術者の方々にとっても容易にチタンおよびチタン合金の応用分野および技術について知ることができると言えよう。また本書では,チタンおよびチタン合金の特性,組織,力学機能,製造,加工と熱処理等,また,基礎に関しても簡潔に記述されているので,チタンおよびチタン合金とは何かを知った上で,その応用と技術へ進むことができる利点がある。本書がチタンおよびチタン合金のさらなる需要と新展開へと繋がり,本文野に関わる研究者および技術者育成に役立つことを期待する次第である。

    株式会社AndTech

  • 『グリーンバイオケミストリーの最前線』

    【刊行にあたって】 本書で取り上げられている化学品の多くは,製品としての立場を比較的明確化できている為,商品としての価値を形成できている。本書の実例を通じて,私たちは何を作れば良いか,作るものにどれほどの価値があるかを考える一助になることを期待する。

    株式会社AndTech

  • 『光配向テクノロジーの開発動向』

    【刊行にあたって】 本書は,光分子配向をキーワードとし,基礎,応用両面にわたる新たな展開を知ることを目的とする。この分野で先導的な研究を進めておられる方々に執筆をお願いし,これまでに蓄積されてきた知見をできるだけ共有することにより,これまでの発想をさらに強める一方で,新しい着想を生み出す契機となれば,と期待している。

    株式会社AndTech

  • 『自己修復塗料・コーティングのメカニズムおよびポリウレタン塗料の自己修復機能付与、自動車塗膜への応用』

    ポリウレタン塗料の自己修復性とそれによる耐擦り傷性付与。スクラッチシールドの開発、新規樹脂を自動車塗膜へ適用する際の留意点

    株式会社AndTech

カテゴリ内でキーワード検索