「エンコーダ」

エンコーダ一覧

  • 対象件数134
  • 表示件数:
  • 産業機械 プラント配管 CADサポート

    【設計業務】  産業機械、プラント設備:   計画図/組立図/詳細図/スプール図   構造計算、現場調査、3次元測量 【図面データ化】   手書き図面を2D、3DデータにCAD化。   大量図面も対応可能。 【使用ソフト一覧】   2次元CAD:CADSUPER、AUTOCAD   3次元CAD:ICAD_SX   構造計算:midas  他 【お問い合わせ】 URL:https://www.masaki.co.jp/ TEL:0439-54-6500 設計事業Gr営業課:佐藤

    (株)正木設計

  • IPMギアモータ GTR.eco 速度制御タイプ

    ●高効率なIPMギアモータ ●IPM高効率制御で省エネを実現 ●低騒音、コンパクト設計 ●モータ容量1.5kw~2.2kw

    (株)ニッセイ

  • ブラシレスDCギアモータ AEFタイプ

    ・エンコーダ搭載 ・位置制御/速度制御 ・電子ギア・分周機能 ・オートチューニング

    (株)ニッセイ

  • 高分解能レゾルバ搭載型サーボモータ

    12000~24000P/Rレゾルバ式エンコーダを搭載したブラシレスACサーボモータです。 各種の形状で各分野にご利用頂けます。 弊社小型ハイパワーのドライバで位置制御やトルク制御、速度制御が可能です。ドライバにはRS485やRS232Cの通信機能を持ったものもあります。

    ソフトロニクス(株)

  • キヤノンレーザロータリエンコーダR-1P32

    ◎電気的仕様 ・本体パルス:648,000パルス/回転 ・出力 A相、B相:矩形波インクリメンタル信号/ラインドライバー出力 Z相:矩形波ラインドライバー出力(A相・B相とは非同期) ・累積誤差 20arc-secp-p以内 ・最高応答回転速度 222rpm ・光源 半導体レーザー(波長780nm,最大出力5mW) ・電源電圧 DC±5V ±5% ・電源電流 +5V : 250mA max. -5V : 50mA max.(無負荷時) ◎機械的仕様 ・許容最高回転数:5,000rpm ・起動トルク:9g cm以下 ・質量:95g(コード含まず) ・直径:36mm ・ケーブル長:約300mm ◎環境条件 ・動作温度 0℃~50℃ ・保存温度 -30℃~80℃ ・湿度 90%RH以下(結露無きこと) ・振動 5G , 20~200Hz以下 ・衝撃 30G , 11msec以下

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • キヤノン超小型光学式エンコーダSR-P1000

    ◎SR-P1000 仕様 ・電源 DC+5V±5% 250mA max ・光源 LED 中心波長650nm(Typ.) ・動作温度 0~60℃ 90%RH以下(結露無きこと) ・保存温度 -20℃~60℃ 90%RH以下(結露無きこと) ・振動/衝撃 1.5G 20~250Hz / 30G 減衰時間 11msec ・外形寸法 センサーヘッド 23mm(L)×15mm(W)×8.6mm(H) ・分割ユニット 90mm(L)×54mm(W)×20mm(H) ・質量 ヘッド:30g(ケーブル含む) 分割ユニット120g

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • キヤノンレーザロータリエンコーダX-1M

    ◎電気的仕様 ・本体パルス:225,000パルス/回転 ・出力:正弦波インクリメンタル信号 ・平衡出力( A , /A , B , /B相正弦波) ・Z相:差動ラインドライバー出力 ・最高応答回転速度:180rpm(3rps) ・光源:半導体レーザー(波長780nm,最大出力5mW) ・電源電圧 DC±5V ±5% 電源電流 +5V : 260mA max. -5V : 60mA max. (無負荷時) ◎機械的仕様 ・回転体の慣性モーメント 1.45×103g cm2 ・質量(コード含まず):検出ユニット 1.2kg ・ディスクユニット:0.26kg ◎環境条件 ・動作温度 10℃~40℃ ・保存温度 -10℃~60℃ ・湿度 80%RH以下(結露無きこと) ・振動 5G , 250Hz以下 ・衝撃 30G , 11msec以下

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • キヤノンレーザロータリエンコーダKP-1Z

    ◎電気的仕様 ・本体パルス:81,000パルス/回転 ・出力:二相正弦波インクリメンタル信号/アナログ差動出力 ・Z相TTL出力 ・累積誤差 20arc-secp-p以内 ・最高応答回転速度:185rpm(3rps) ・光源:半導体レーザー(波長780nm,最大出力5mW) ・電源電圧:DC±5V ±5% ・電源電流:+5V:200mA max. -5V:100mA max. (無負荷時) ◎機械的仕様 ・質量:160g(コード含まず) ・直径(コード含まず):56mm ◎環境条件 ・動作温度:0℃~50℃ ・保存温度:-10℃~60℃ ・湿度:90%RH以下(結露無きこと) ・振動:5G , 20~200Hz以下 ・衝撃:30G , 11msec以下

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • キヤノンレーザロータリエンコーダR-1SL

    ◎電気的仕様 ・本体パルス:81,000パルス/回転 ・出力:二相矩形波インクリメンタル信号 ・ラインドライバー出力 ・Z相矩形波ラインドライバー出力(A相・B相とは非同期) ・累積誤差:20arc-secp-p以内 ・最高応答周波数:500kHz ・最高応答回転速度:360rpm(6rps) ・光源:半導体レーザー(波長780nm,最大出力5mW) ・電源電圧:DC±5V ±5% ・電源電流:+5V : 250mA max. -5V :100mAmax. (無負荷時) ◎機械的仕様 ・許容最高回転数:5,000rpm ・起動トルク:9g cm以下 ・質量:95g(コード含まず) ・直径:36mm ・ケーブル長:約300mm ◎環境条件 ・動作温度:0℃~50℃ ・保存温度:-30℃~80℃ ・湿度:90%RH以下(結露無きこと) ・振動:10G , 500Hz以下 ・衝撃:30G , 11msec以下

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • キヤノンレーザロータリエンコーダR-1SO

    ◎電気的仕様 ・本体パルス:81,000パルス/回転 ・出力:二相矩形波インクリメンタル信号 ・オープンコレクタ出力 ・Z相矩形波出力(A相・B相とは非同期) ・累積誤差 20arc-secp-p以内 ・最高応答周波数 500kHz ・最高応答回転速度 360rpm(6rps) ・光源 半導体レーザー(波長780nm,最大出力5mW) ・電源電圧 DC±5V ±5% ・電源電流 +5V : 200mA max. -5V : 100mAmax.(無負荷時) ◎機械的仕様 ・許容最高回転数 5,000rpm ・起動トルク 9g cm以下 ・質量 80g(コード含まず) ・直径 36mm ・ケーブル長 約300mm ◎環境条件 ・動作温度 0℃~50℃ ・保存温度 -30℃~80℃ ・湿度 90%RH以下(結露無きこと) ・振動 10G , 500Hz以下 ・衝撃 30G , 11msec以下

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • キヤノン超小型光学式エンコーダSR-P200

    ◎SR-P200 仕様 ・分解能 0.4/1.0/2.0/5.0 μm ・精度 累積精度 ±5μm/100mm (ガラススケール使用時、ヘッドの分割誤差を除く) ・再現性 ±1カウント ・信号出力 差動デジタルパルス出力(A相・B相・Z相) : ISL32173 またはISL32175 ・推奨受信回路 アナログ疑似正弦波出力(A相・B相): 終端抵抗 100Ω以上 ・接続コネクタ 高密度D-Sub15ピン ・耐振動 1.5G 20~250Hz ・衝撃 30G 11msec ・外形寸法 35mm(L)×16mm(W)×8.4(H) ・質量(コード含む) 52g ・動作温度・湿度 0℃~60℃ 90%RH 以下、結露なきこと ・保存温度・湿度 -20℃~60℃ 90%RH 以下、結露なきこと ・適合規格 RoHS, CEマーキング, VCCI(2010), FCC Part-15(2008)

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • エンコーダー用スケール

    PET・メタル・ガラス 反射式・透過式 ホイールタイプ・リニアタイプ ホイールタイプは軸受(ハブ)との組立ができます。

    (株)メルテック

  • USB接続 NI CompactDAQ 4スロットシャーシ NI cDAQ-9174

    電圧や温度用などのモジュールを挿入し、多種のセンサからの信号計測を1台のシステムで完了可能。 ●最大4つのCシリーズI/Oモジュールを収容可能 ●複数のタイミングエンジンを使用し、異なるレートでアナログ入力モジュールを実行 ●4つの汎用32ビットカウンタ/タイマ内蔵シャーシ(デジタルモジュールでアクセス) ●LabVIEW SignalExpress LEを含むNI-DAQmxドライバ ●Windows 7 OS対応 ●NI信号ストリーミングテクノロジを採用したHi-Speed USB

    日本ナショナルインスツルメンツ(株)

  • 『無料データベース・ツールを活用した特許調査・分析&文献調査・分析テクニック』

    本講座では受講者の皆様にPC演習(データベース演習、Excel・PowerPoint演習など)を通じて、特許情報だけではなく文献情報も含めた調査・分析テクニックを体得していただくことを目的としております。

    株式会社AndTech

  • 『誰にでも理解できる新FMEA/FTAの基礎とトラブル再発完全防止の手順・ノウハウ』

    本セミナーは、誰にでも理解が容易で効果抜群の“新FMEA”の基礎とその有効活用に軸足をおき、質疑応答とグループワーキングに重点をおいたセミナーです。講師は、設計コンサルタントとして各企業の開発部隊に中に入り、FMEAを実践指導しています。ここで得たノウハウ通して、ふんだんな「匠のワザ」を伝授します。

    株式会社AndTech

  • トヨタ工場見学付『日本のものづくり産業の行方と生活自立立国日本の構築』~自動車・エネルギー産業を中心に~

    この講座は、日本の産業界の将来を先見の目で解析し、国内企業に生き残るための改革の指針を提言するものである。

    株式会社AndTech

  • 『導電性高分子の基礎と重合技術と固体電解コンデンサならびに電子デバイスへの応用展開』

    まず、高機能ポリピロールならびにポリエチレンジオキシチオフェンを実現するための手法についてデータに基づき解説する。次に、それらを用いた固体電解コンデンサの実用化ならびに優れた特長を紹介する。さらに、導電性高分子が今後期待される応用分野についても触れる。

    株式会社AndTech

  • 『改正化審法と最新【欧米中】化学物質規制情報、企業対応のポイント』

    本セミナーでは、化審法改正情報をはじめ、海外規制(EU REACH規則 11月30日に最初登録期限、CLP規則の届出が12月、中国REACH法、台湾の既存物質登録が6月)について、必要な情報をご提供する予定です。事前の内容リクエストも受け付けます。

    株式会社AndTech

  • 『チタンの基礎・加工と最新応用技術』

    【刊行にあたって】 本書では,チタンおよびチタン合金の応用技術に焦点を当て,極めて広範な分野での最新の応用技術に関して豊富な記述がなされていることから,専門家はもちろんのこと,他分野の研究者や技術者の方々にとっても容易にチタンおよびチタン合金の応用分野および技術について知ることができると言えよう。また本書では,チタンおよびチタン合金の特性,組織,力学機能,製造,加工と熱処理等,また,基礎に関しても簡潔に記述されているので,チタンおよびチタン合金とは何かを知った上で,その応用と技術へ進むことができる利点がある。本書がチタンおよびチタン合金のさらなる需要と新展開へと繋がり,本文野に関わる研究者および技術者育成に役立つことを期待する次第である。

    株式会社AndTech

カテゴリ内でキーワード検索