製品詳細

新川電機株式会社

タッチロール式厚さ計 VNDシリーズ

メーカーの製品情報サイトはこちら

高い安定性と信頼性を追い求めた
高精度デジタル厚さ計

VND変換器は渦電流式変位センサと測定用タッチロール・アタッチメントを組み合わせることにより、シート状非導電体製品の厚さを高精度に測定するタッチロール式厚さ計を構成します。渦電流式を採用しているため光学式や超音波式、放射線式に比べ、水や油、ほこりなどの影響を受けず、高分子フィルムやゴムシート、不織布などの厚さを高精度に連続的に測定することができます。

この企業の登録製品はこちら

新川電機株式会社

【所在地】〒102-0083東京都千代田区麹町4-3-3新麹町ビル3F

【電話番号】03-3263-4411

【URL】https://www.shinkawaelectric.com/

お問い合わせ この製品のWEBサイト
タッチロール式厚さ計は歩留まりを高め、生産工程にスピードをもたらします。
◆特徴
(Set)ボタンによる簡単調整
現場では規定ピッチ(10% or 20%)のスペーサで厚さを模擬して(Set)ボタンを押すだけの簡単操作で特性を調整できます。
高精度な厚さ測定を実現
実際のターゲット(ローラ)に合わせた6点調整(20%ピッチ)、または11点調整(10%ピッチ)により±0.5% of F.S. 以内の直線性を実現します。(現場調整により ±0.2% of F.S .(典型値)の実力を発揮!)
高い安定性を実現
温度特性に優れ、安定した測定を実現します。ターゲット(ロータ)の影響によるランナウトも 従来のVNシリーズと同様に小さく抑えられています。
変換器にデジタル表示器付、厚さ測定値を表示
変換器の出力電圧測定のために、現場にテスターを持込む必要がありません。
スムーズなゼロシフト機能(約±20% of F.S.)
変換器上面のアップ/ダウンキー(▲)(▼)によりスムーズなゼロシフトが可能です。
ゼロシフト機能は、感度および直線性(精度)には影響を及ぼしません。
互換性
現在、ご使用中のセンサ、延長ケーブル、アタッチメントがそのままご利用できます。

◆測定対象例
シート状非導電体の厚み測定
塗装、被膜等の厚み測定
塗料等の厚み管理
ロールギャップ測定による厚み測定・制御 など

システム構成図

アプリケーション例
シート厚さ測定の例
※通常、VNDのゼロシフト機能により L2の値を電気的にゼロにして、厚さに比例した出力が得られるようにしています。
金属の厚さ、平坦度、形状、ソリ測定の例(1)
金属の厚さ測定の例(2)

ロール間隔測定の例(ロールギャップ測定)
塗膜厚さ制御の例
(塗膜厚さ制御)


◆新川電機株式会社の製品ラインナップ
回転機械状態監視システム CMS(Condition Monitoring System)
【無線式センシングシステム e-SWiNS】
920MHz帯無線式センシングシステム
2.4GHz帯IAS100無線式センシングシステム
【クラウド型モバイル振動監視システム】
クラウド型モバイル振動監視システム ZARK & Machine Dossier
【状態監視モニタ】
小型状態振動監視モニタ VM-25
大型回転機械状態監視モニタ VM-7シリーズ
【振動解析ソフトウエアパッケージ】
振動解析診断システム infiSYS RV-200
総合プラットホーム S-STation
ポータブル振動解析システム Kenjin

【渦電流式変位センサ】
タッチロール式厚さ計 VNDシリーズ