製品詳細

日本カンタム・デザイン(株)

インライン式プロセス分析計【石油化学アプリケーション】

メーカーの製品情報サイトはこちら

石油化学プロセスの多くの工程で
システム性能を最適化

optekは世界をリードするインライン式光度計・電気化学分析計メーカーです。弊社は様々な用途や産業において、30,000件を超える導入実績を有しており、最高の品質とコンサルティング、サポート、そして長期にわたる運用を世界各国で提供しています。

この企業の登録製品はこちら

日本カンタム・デザイン(株)

【所在地】〒171-0014東京都豊島区高松1-11-16西池袋フジタビル2F

【電話番号】03-5964-6620 【FAX番号】03-5964-6621

【URL】http://www.qd-japan.com

高品質素材は、腐食性の溶液や、高温、高圧での用途を含む最も過酷なプロセス条件に耐えるものです。高品質研磨接液部材、優れた設計、そしてサファイア測定窓の採用により、クリーナビリティが確保されています。
石油化学産業界のグローバルパートナーとして、optekは優れた信号増幅技術やインライン校正のサポート、ゼロ点校正、迷光抑制、PROFIBUS® PA、現場での操作を容易にする多言語ユーザーインターフェイスなど、最先端の技術を提供します。弊社のサポートでは、“SpeedParts(消耗品の即応在庫)”や“SwapRepair(取替式交換修理)”などのサービスによる長期間の満足を保証しています。これらサポートにより継続的なプロセスの運用が実現され、最小のコストで休止時間を最小限に抑えられます。

インライン式 プロセス分析計について、製品ページはこちら

【アプリケーション例】
精製燃料の色度 原油常圧蒸留装置内のナフサの品質
油中のProduced Water コンデンセートと冷却水 燃料分析:燃料中の水

精製燃料の色度
石油精製・石油化学産業では、インライン色度測定が非常に役立っています。プロセス流体の色度の変化を直接検出して警報を発するので、精油所の要員は、最終生産物の品質に影響するプロセスに急を要する不具合があることがわかるのです。
従来、色度変化のモニタリングは、「つかみ取り法」という技法を用いるか、ASTMやセーボルトなどの色度規格とサンプルを比較する人間の判定に頼っていました。今日ではこれらの測定は、高い精度と信頼性を持つoptekのインラインカラーセンサを使用して行われます。
原油常圧蒸留装置内のナフサの品質
optekインラインカラーセンサを設置することで、ナフサ流体はリアルタイムで連続的にモニタされます。AF26防爆センサは、不具合やプロセス効率の緩やかな低下によって生じた色度の変化を直ちに検出します。高圧・高温でもこれらの重要な色度測定を行うことができ、サンプルの前処理は必要ありません。
油中の油汚濁水
optekのインラインセンサは、油汚濁水の品質の変化をすばやく検出することで、再処理コストを最小限に抑えることに役立ちます。同時に、環境汚染に関する罰金の支払いを不要とし、処理量を最大限に高めることができます。
コンデンセートと冷却水
連続測定用インラインセンサを使用すると、キャリーオーバーを検出し、完全故障が起こる前に隔離することができます。  optekのプロセス光度計は、プロセスを保護し、貴重な設備を最大限に活用することに役立ちます。
optekの光度計は設置と実装が容易で、短期間で投資利益が得られます。
optekのプロセス光度計を使用すると、設備の保護と、漏れやキャリーオーバーの検出が行えます。また水使用量、汚染リスク、熱交換器ダウンタイム、エネルギー使用量が削減されます。これらは、optekインラインセンサを使用する利点のほんの一部です。
燃料分析:燃料中の水
燃料分析は、精製プロセスの非常に重要な部分です。オペレータは、精製燃料中の遊離水や浮遊物を連続的にモニタすることで、フィルタやコアレッサ、セパレータの効率低下や故障を直ちに検出し、他の原因による汚染の存在を特定することができます。


石油化学アプリケーションについて、詳しくはカタログをご確認ください。

インライン式 プロセス分析計
石油化学アプリケーションカタログ
カタログダウンロード


インライン式プロセス分析計
品質管理の向上、コスト削減をリアルタイムのモニタリングを容易に実現
optek社のインライン式プロセス分析計はプロセス溶液の濁度や測定対象の濃度を可視光および近赤外光、紫外光(UV)を用いて測定するシステムです。
>詳細はこちら
◆インライン測定から得られるメリット
リアルタイムの測定
測定時間差によるムダな廃棄を避け歩留まり向上を実現します。
原材料の変化による薬品注入量の増減、ろ過装置の経時劣化など「経時変化」への対応が可能です。
プロセスの最適化により、製造効率を向上させます。
<td valign="top"
「見た目」の色・濁りを数値化